学会会則                  選挙管理委員会規則
『教育行財政研究』編集規則   『教育行財政研究』論文執筆要領

『教育行財政研究』論文投稿要領

  1. 『教育行財政研究』論文には、「自由研究論文」と「研究ノート」が含まれる。

  2. 「自由研究論文」は、本学会の当該年度および前年度の例会(1月〜12月)において口頭発表したものとする。

  3. 「研究ノート」は、「自由研究論文」に馴染まない「外国の教育事情の紹介」「文献紹介」「実践報告」「時事評論」等を内容とする。

  4. 論文は未発表のものに限る。ただし、口頭発表及びその配布資料はこの限りでない。

  5. 編集委員会が特に指定する場合を除き、「自由研究論文」は、本紀要10頁(46字×37行)以内、「研究ノート」は4頁(46字×37行)以内とする。ただし論文タイトル及び氏名・所属に7行とり、本文は8行目からはじめる。この枚数には、図・表・註・引用文献・参考文献等を含むものとする。

  6. 論文原稿には、(1)英語による論文題目、執筆者名及びその所属、(2)英文アブストラクト(46字×18行)を添付する。

  7. 原稿は4部(うち3部はコピーで可)提出する。提出された原稿は原則として返却しない。原稿は、A4版用紙に横書きで46字×37行とし、ワープロ等により作成する。 審査の上、掲載可と判断された場合、原稿の電子データを電子メールの添付書類として提出する。CD-Rまたはフロッピーディスクの提出を求めることがある。その場合、提出されたディスクは返却しない。

  8. 論文の投稿については、紀要編集委員会に対して毎年11月30日までに投稿の意思表示(所定の申し込み用紙による)をし、1月10日までに原稿を提出するものとする。

  9. 本誌に掲載された論文等の著作権については、本学会に帰属する。また、著作者自身が、自己の著作物を利用する場合には、本学会の許諾を必要としない。採択された論文等はオンラインで公開される。


※ページ左側にフレームが表示されない場合は、再度こちらよりお入り下さい。